Enkai-Net  btuの毎日を綴ります アクセス数:000155回
 日誌(HOME)
ページ: [ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 ] next ->> | 投稿

あけましておめでとうございます

執筆:2012年01月01日 日曜日 00:14 | 分類: 雑言 | 編集

昨年は、私にとって、良くも悪くも変化の大きい年でした。不完全燃焼な部分もありましたが、新しいことにもチャレンジ出来てよい年だったと思います。

今年が皆様にとって、よい年でありますように。

ビデオカメラ衝動買い

執筆:2011年09月30日 火曜日 06:34 | 分類: 雑言 | 編集

今月半ば、かねてから気になってはいたのですが、某関西資本の家電量販店が歳末セールをやっていたので立ち寄った時に衝動買いしてしまいました。噂には聞いていたのですが、久々に電器屋さんで真剣にビデオカメラを見てみると、驚きの連発でした。

最近のビデオカメラはメモリに収録するのが主流なようで、頭の片隅にあったDVDやHDDに記録するタイプは消え去っています。私の頭の中では、「HDDに記録してDVDレコーダかパソコンに転送」、または「カメラに内蔵のDVD録画機能で記録」だったのですが・・・。記録媒体がメモリになったことで、ビデオカメラの世界は画期的に変化したようです。以前から持っているビデオカメラは10年以上前のDVテープ使用の「デジタルビデオカメラ」で、今となっては大きく重く、持って出掛けるには相当の勇気と覚悟が必要なんですけど。このサイズでレンズは光学30倍+光学手ぶれ防止機能搭載、CMOS有効画素数が大きめなので切り出す方式の手ぶれ防止機能も使えて、実際に撮影する際のズーム倍率はデジタルズームを除いて最大42倍になります。内蔵記録メモリは32GB、これでなんと42,000円でした。

メモリベースになると、記録に必要な駆動部が全くなく、機械的に必要なのはレンズだけで、あとは電子回路。消費電力も大幅に小さくなるので、サイズに依存するのはレンズだけなんですね。つまり、写真を撮影するデジタルカメラと機能的にはほとんど変わらないんです。写真がメインで時々動画撮影するならコンパクトデジタルカメラ、ズーム等を多用して動画撮影をメインにし、時々静止画撮影するならビデオカメラ、真剣に写真撮影を楽しみたいなら一眼レフカメラってな感じの棲み分けでしょうか。我が家は全部揃ったので、どれを持って行くか、どれで撮影するか悩んでしまいます。

さて、購入の翌日は子供達の運動会。午後から仕事があって全部は見れなかったので、午前中はいつものように一眼レフカメラでの撮影に熱中して途中で退散、ビデオカメラを妻に渡して記録してもらっていました。帰宅後すぐにテレビに接続して内容をチェック、撮影の腕の方はおいといて・・・、画質はさすがフルハイビジョン、すばらしいです。このサイズでこの画質、ホントに外出時に何を持って行くか悩みそうです。

島巡り運用結果

執筆:2011年05月02日 月曜日 17:09 | 分類: アマチュア無線 | 編集

愛車ジムニーの不調などで途中中止となった島巡りの、運用結果(交信数)を記しておきます。

島名 JIA 7MHz3.5MHz合計
岩子島35-132150 0 150
弓削島38-120215 59 274
佐島 38-122206 45 251
生名島38-123123 0 123
合計 694 104 798

日付 7MHz3.5MHz合計
4/29 365 104 469
4/30 329 0 329
合計 694 104 798

4/30が少ないのは、生名島での運用中、ある局の執拗な嫌がらせで嫌になって、途中でやめてしまったからです。誰か80条報告してくれないかな。

ジムニーオイル漏れで島巡りは途中で中止しました

執筆:2011年05月02日 月曜日 15:40 | 分類: JA11V改 | 編集

今回の島巡り、途中で発見した愛車ジムニーのオイル漏れに悩まされ続け、急遽中止して帰ってきました。

2島目となる弓削島で設営に最適な場所を発見し、お昼御飯を食べながらまったりと準備中、点々とオイルの跡を発見。ん??ジムニーの下を見るとオイルが溜まり、ジムニーの足が結構濡れてる。よーく見ると、車を停めるためにUターンした道筋が、カーナビで通った跡みたいに等間隔で点々がついています。「ええええーーーー」そう言えば、弓削島に渡るフェリーでも一瞬オイルの跡を見たような・・・

すぐに行きつけのショップへ連絡を入れて対応策を検討、よく見るとターボからオイルパンにオイルが戻るためのホースが、オイルパンから出た筒にささる継ぎ目からポタポタ落ちているようです。こりゃぁまいった。アドバイスを受けて針金で縛り直して応急処置とし、エンジンを掛けてもポタポタが増えないのでとりあえず安心。その日は夜まで無線運用を続け、そのまま次の佐島に渡って、夜中まで運用を続けました。

翌朝、佐島での無線運用を終えて、地元の方のアドバイスで昼食を取るため弓削島に戻り、スーパーで夕食用のお弁当とお茶まで買えてルンルン気分でジムニーに戻ると・・・げっ、また例の点々が付いてるやん!こりゃいかんと、島内のオートサービスに駆け込んでチェック。やはりホースの差し込み部分に問題があると、シール材とバンドで応急処置をしてくれました。シール材が固まるまでの1時間は突堤に出てひなたぼっこ。元スズキにいたと言う頼りがいのある兄ちゃんは「ここを止めても全体が緩んでるから、圧力が行き場を失って他からも問題が出る可能性がある」などと言うし、このあたりから不安感が増大。

処置後、とりあえず問題がないことを確認して、おそるおそる生名島へ移動。さっそく下を覗くと、さっき問題がなかったホースに1滴のオイルが。うーん、やっぱ不安。よーく見ると、もっと上から降ってきている様子。こりゃいかんなぁ・・・。この時点で、早めの帰宅を決意しました。その後少し無線運用をし、訳あってそれも中断、早々に片付けて翌朝の帰宅に備えました。

翌朝、スタート時点でオイルは正規量、途中のフェリー乗り場や近場のSAでチェックしてさほど減らないことでなんとか帰る自信を取り戻し、途中何度かSAでチェックして、減る量と残り距離を計算しながら奈良まで帰り着きました。使うことはありませんでしたが、たまたまもっていた2リットルのエンジンオイルにどれだけ安心させられたか!

帰りに行きつけのディーラに寄って診断、ホース以外にエンジンのシャフトのシールからも漏れていたようです。300kmで500ml弱オイルが減りました。修理の相談を行い、オイルを追加して、自走して無事帰宅しました。あぁ、疲れた。

ゴールデンウィークの移動運用

執筆:2011年04月28日 木曜日 00:15 | 分類: アマチュア無線 | 編集

今年のゴールデンウィークは飛び飛びで仕事が入って外出は諦めていたのですが、急に休めることになったので、急遽、しまなみ海道にぶらり一人旅に出掛けることにしました。一応、移動計画が完成したので、公開しておきます。

ただし、「ぶらり一人旅」ですので、予定変更や途中での中止の可能性があることをご容赦下さい。また、下記運用時間(滞在時間)中、休憩時間がかなり長く挟まる可能性もあります。

島名 JIAコード市町村 JCC/G 運用時間(滞在時間)
岩子島35-132 広島県尾道市 3505 4/29 7:00-10:00
弓削島38-120 愛媛県越智郡上島町38003P4/29 14:00-21:00
佐島 38-122 愛媛県越智郡上島町38003P4/29 23:00-4/30 12:00
生名島38-123 愛媛県越智郡上島町38003P4/30 16:00-5/1 10:00
岩城島38-124 愛媛県越智郡上島町38003P5/1 15:00-5/2 10:00
高根島35-131 広島県尾道市 3505 5/2 15:00-23:00
大三島38-125 愛媛県今治市 3802 5/3 7:00-10:00
鵜島 38-116 愛媛県今治市 3802 5/3 15:00-5/4 10:00
大島 38-115 愛媛県今治市 3802 5/4 12:00-14:00
伯方島38-117 愛媛県今治市 3802 5/4 15:00-17:00
生口島35-111 広島県尾道市 3505 5/4 18:00-23:00
因島 35-109 広島県尾道市 3505 5/5 7:00-10:00
向島 35-108 広島県尾道市 3505 5/5 11:00-13:00

我が家のネットワーク環境更新

執筆:2011年04月15日 火曜日 08:08 | 分類: パソコン | 編集

3月に立て続けにめんどうな仕事が続き、今年に入ってから準備やらで何かと落ち着きませんでした。プライベートが仕事で左右されるのはあまり好きではないんですけどネ。4月も半ばに入り、仕事が一段落して休日も取れるようになり、急に暇になってなんだかポケーっとしています。6月には神戸への長期出張があるので、つかの間の休息です。

外出しない分、今までほとんど見ることがなかったテレビを見るようになり、1月〜3月のドラマはビデオに録画して、ほとんど網羅しておりました(^^) その関係・・・ではないですが、私の部屋のテレビが20年前のブラウン管式テレビだったので、一念発起してイマドキの液晶テレビに交換してしまいました。ついでに・・・でもないんですが、リビングのケーブルテレビのチューナを録画できるタイプに交換して、今までよりもさらにテレビ漬けに出来ることになりました^^

そこで気になるのがリビングのビデオデッキとケーブルテレビのチューナのDNLA機能。ビデオを家庭内ネットワークに接続して、ネットワークに接続した別のテレビ等で録画したものを見る機能です。幸いなことに我が家は建設時に、私の部屋と各部屋の間に空配管がしこんであって、リビングのテレビ等にはそれを利用してLAN配線も済んでいます。とりあえず色々LAN(ラン=Local Aria Network=家庭内など狭い範囲のネットワーク)にはつないでいたのですが、イザ本格的にDNLA機能を使って再生すると、なんだかガクガクコマ送りみたいになっちゃいます。あれ?実験した時はうまく再生出来たのに???

メインのHUB(ハブ=LANの中継器)が1000Mbps対応なので安心していたのですが、自宅にあった機材で色々実験してみると、リビングから大量のデータを受け取るようには考えていなかったので、どうもネットワーク環境に問題があったようです。仕事で広く浅く色々やってるので多少のネットワーク工事は出来るのですが、素人に毛の生えたセミプロとしてはなんだかガックリ。

2F TV => SUB HUB(高級100M) => MAIN HUB(普及型1000M) => 1F HUB(安物100M) => 1F TV とつながっていたのですが、信用していたSUB HUB=> MAIN HUB間がボトルネックとなっていました。仕方なく、SUBとMAINそれぞれ8ポートのHUBを、最新の24ポートのHUB一つに更新してボトルネックを解消、ついでにあまったHUBをリビングへ回して全てのLAN環境を1ギガ(=1000M)化しました。

いやぁ、家の設計時にはLANを使ってハイビジョン放送を見る事なんて想像もしなかったけど、ホント数年の内に環境って変わってしまうもんですねぇ。ちょっと高かったけど、HUB一つで快適になりました。1Fのビデオデッキ、CATVチューナで録画したものを、2Fのテレビで「ながら鑑賞」しています。

じゃぱんひなたぼっこの会賞を頂きました

執筆:2011年04月02日 土曜日 11:30 | 分類: アマチュア無線 | 編集

いつも、楽しいアワードを企画して下さる「じゃぱんひなたぼっこの会」ですが、今回はその名も「ひなたぼっこの会賞」を頂きました(詳細はコチラ)。これは、任意の6ヶ月の間に、メンバー局と数多く交信することで頂ける賞で、交信数によって3つのクラスに分かれています。交信する相手が限定されているので難しく、最低のクラスになんとかノミネートです。

東日本巨大地震から1週間

執筆:2011年03月19日 土曜日 00:06 | 分類: 雑言 | 編集

2011年3月11日14時46分頃に東北地方で発生した巨大地震から、1週間が過ぎました。

私は奈良市内で通常勤務を行っていたところ、ゆーらゆーらと周期が長く横幅の大きな揺れに遭遇しました。「目眩か?」と思ったところ、翌日出張の打ち合わせの為に電話中だった神戸の顧客が「ちょっとまって、揺れてる!」「ん?ほんまや、揺れてる!」電話しながらインターネットで調べると、大きな地震であることが判明。お互いに災害に敏感な仕事(って言うか顧客が災害に重要な役割を果たすから、サービスマンである私も敏感になる)であることから、早々に打ち合わせを切り上げて情報収集に努めました。

この1週間、私なりに出来ることを考えた結果、

につとめておりました。

また、仕事の上では、東北支社管内の顧客からの休日夜間の緊急電話や電話相談の窓口に任命され、微力ながら後方支援を行っておりました。

1週間が過ぎ、テレビやラジオで通常の番組が流れ始めました。仕事の上でも、東北地方が一部を除いて通常業務に戻り、私の東北対応の任務も解かれました。しかし、東日本はまだまだ大変な状況が続いており、尋常でない事態も発生しております。私に出来ることは何だろうか・・・多くの方が自問自答しているのではないでしょうか。今私に出来ること、今考えていることをここに提起いたします。

我が家では、エコキュートの貯水タンクが、非常時には下方のコックより水を抜いて利用できます。また、散水用の雨水タンクが、非常時には下方のコックより水を抜いてトイレに利用できます。近所の散策の際に、沢水の沸き出るポイントを発見しております。趣味の移動無線車もそうですが、こう言った「普段使っているものがそのまま災害対策になる」ことが、常に維持できる秘訣なのかな・・・っと考え、完全に放置状態の避難グッズの維持方法を考え直したいと思います。

第4回東京下町花火アワードを頂きました

執筆:2011年03月01日 火曜日 11:25 | 分類: アマチュア無線 | 編集

アマチュア無線で交信して交換する、QSLカードの整理をしていて、アワードのPRを発見。そう言えば交信していた時にそんなこと言ってたなぁ・・・っと要件を見ると、東京23区内の指定の区全てと交信すればもらえるとか。頂いたカードがキレイだったし、要件も満たしていたので、遷都1300年アワードと一緒に申請しておりました。

そして届いたのがこの賞状。花火の写真がキレイで、なかなかよい感じです。季節外れではありますが、交信日が夏→カードが来るのが秋→整理するのが冬…だったのでしゃぁないなぁ。それにしても最近は、綺麗なアワードが増えました。プリンタと専用用紙の性能が向上のお陰ですね。

平城遷都1300年祭記念アワードをいただきました

執筆:2011年02月19日 土曜日 09:36 | 分類: アマチュア無線 | 編集

昨年1年間、奈良で盛り上がっていた平城遷都1300祭を記念して、JARL奈良支部が発行するアワード(賞)です。奈良県内を4つの地域に分け、各地域の中の5市町村のアマチュア無線局と交信するともらえるのですが、地域によっては5市町村との交信は大変で、意外と難しいアワードになっています。

去年は、このアワードを狙っている全国のアマチュア無線家のために、奈良県内の各地でアマチュア無線の移動運用を行いました。しかし、自分とは交信出来ないモノで・・・残念ながら全市町村との交信は逃したのですが、全地域との交信は達成したので申請しておりました。

噂には聞いていたのですが、写真屋さんでプリントされているようで、すごくきれいなプリントです。奈良を代表する歴史的建造物や史跡と、全国的に有名になった「せんと君」が配置されていて、デザイン的にもすばらしいです。申請期間は既に終了してしまいましたが、最後のギリギリで申請できてよかったです。頑張って移動運用を行った2010年を記念する、いいアワードを頂きました。


[ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 ] next ->> | 投稿