Enkai-Net  btuの毎日を綴ります アクセス数:011572回
 日誌(HOME)
ページ:<<- prev [ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 ] next ->> | 投稿

TANRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di IIのその後

コメント(0) | 執筆:2010年09月08日 水曜日 07:43 | 分類: カメラ | 編集

先週末の社員旅行に、TANRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di IIを持参して試用してきました。行き先は天川村の洞川渓谷ですから、超広角レンズの実力を発揮するには最高の場所です。

結果感じたことですが、まず第一に、人物、特に室内撮影には全く適しません。全体に色味が濃く赤・黄色が強く発色されますので、暗い写真になってしまいます。丁度、先日掲載した屋内写真にそのまま人物が入った感じです。これは、このレンズの特性なのでしょうか、それとも広角レンズ全体の傾向なのでしょうか?ちょっと調べていたいと思います。反面、本来の広角レンズの用途、風景写真は最高でした。全体に若干ピントが甘い感じがあって、「お気に入りレンズ」までは到達出来ませんでしたが、何より今まで撮れなかった広い画角で写真が撮れることは、撮影のチャンスが増えることになり、楽しいレンズの一つにはなりました。

残念なことに、私の腕が悪く、後で見ると特に高さ方向で画角が生かし切れていない写真が多かったことです。例えば神社の全景でバックに山がある風景の時、左右方向はしっかり撮りたい対象をフレームに納めていたのですが、高さ方向はバックの山は入っているものの、フレームの下半分は駐車場=地面でした。せめて、下の1/3が地面、あとは青空を入れた方が広がりがあったのに・・・こんな写真が多かったのが、反省点です。このレンズに限ったことではありませんが、広角側ではレンズで見た時と、写真で見た時では随分印象が違うので、このあたりも勉強しないといけない点ですね。

Canon EOS KissX3 / TANRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II

コメント(0) | 執筆:2010年09月02日 木曜日 22:36 | 分類: カメラ | 編集

少し前から、サブカメラが欲しくって悩んでいたんですが、とうとう購入しちゃいました。

一番の目的はレンズを交換せずに2丁掛けでスピーディに撮影すること、それから最近では島巡りの際に船から島の全景を撮ることです。今のKissDN+ズームレンズの18mmでは風景写真を撮るには広角側が全く足りません。APS-Cサイズの宿命で、35mm換算だと1.6倍拡大のためワイド側が極端に弱いんです。

で、どうせなら・・・ってことで35mmフルサイズが欲しかったんですが、やっぱり高い。それとカメラ店の店員さん曰く、カメラ本体の価格のみならず、よいレンズは一桁高いため何本か揃えるとすぐに総額100万円ぐらいになってしまうこと、手入れの大変さやカメラ本体の大きさもあって、持って出掛けるのにちょっと気合いがいること・・・など聞いている内に、入門機種+超広角レンズを購入した方が使い勝手がいいと判断しました。

アウトレット品のCanon EOS KissX3が、セットレンズ下取りや値引き諸々で41,800円。普通に本体のみを新品で購入すると55,000円ぐらいですから、猛烈な安さです。あと、TAMRONの10-24mm超広角レンズが42,000円。これもかなりの安さだと思います(CANON純正の同等品だと売値77,000円)。あと、同時に必要なプロテクタやメモリカードも値引きしてもらって、総額90,000円と思っていたよりかなり安上がりな買い物となりました。これで安心して、娘達の運動会の写真撮影や屋外の風景写真撮影が出来ます。

とりあえず屋内で試し撮り。1枚撮影したとたんに感嘆の声を上げてしまいました。今までに経験したことのない奥行き感、それから暖かい感じの自然な色の乗り。今まで、どぎつい系のシャープな写真が多かったのですが、X3との相性なのかカタログ写真のような雰囲気のよい写真が何枚も撮れました。何故か、実物よりきれいに撮れています。今まではあまり興味を示さなかった妻も、このレンズは気に入ったようで何枚もシャッタを切っていました。(写真をクリックすると大きく見れます)

とうとう我が家にも靴箱がやってきた!

コメント(0) | 執筆:2010年08月31日 火曜日 02:20 | 分類: アマチュア無線 | 編集

アマチュア無線で交信すると交換するQSLカード、これ2ヶ月に1回ビューロと言うシステムで区分けされて各アマチュア無線家の元へ届けられます。簡単に言えば、コールサインを住所代わりに配達してくれる、年賀状システムみたいなもんですね。今日帰宅すると、そのQSLカードがビューロから届いていました。今日が配達される「お正月」だった訳です。

このQSLカードの配達、数ヶ月前の交信の分が仕分けされて送られてくるので、届く枚数が数ヶ月前の交信数のバロメータであったりもするんです。

で、今回届いたのがこの箱。通称「靴箱」と呼ばれていて、私の所には初めてこのサイズで届きました。重さ3.2kg、中のカードを積み上げると25cm、大体感覚的には1,000枚ぐらいかなぁ。今我が家には、ビューロへ向けて発送待ちの約4.2kgの「靴箱」も鎮座しております。

私には憧れの「靴箱」だったんですが、上には上があるもんで、噂によると、さらに上の「靴箱大」、「みかん箱」が存在するそうです。「靴箱大」で2,000枚ぐらいでしょうか?「みかん箱」だと万単位でしょうねぇ。2ヶ月で万単位の交信・・・考えただけでも恐ろしい。ただこうなると、2ヶ月では整理しきれず、整理し終える前に「みかん箱」が届くと言う、悪循環に陥るそうです。当然交信するのも整理するのも同じ人な訳で、交信するか整理するか、どちらかしか出来ない訳で・・・。

かく言う私も、このQSLカードが届くと、無線そっちのけでカード整理に精を出すことになります。

離島の旅から帰宅しました

コメント(0) | 執筆:2010年08月27日 火曜日 23:55 | 分類: アマチュア無線 | 編集

8/20の22時頃に自宅を出発し、8/27の22時頃に帰宅。丁度1週間の離島の旅となりました。

今回は色々な不具合が発生して困難な移動運用の旅となりましたが、何はともあれ全島でなんとか交信が出来て、無事に帰宅出来たことで成功を収めたと言えるでしょう。

各島では到着後に家族で観光し、その後、子供達を遊ばせている間のQRVとなりました。家族の理解、各島の地元の方々の御協力、また交信頂いた各局のおかげで成功を収めることが出来ました。皆様、ありがとうございました。

全ての交信のQSLカードを発行致しますが、本業が夏休み後&期末の多忙ゆえ、発送が少し遅れることを御了承願います。1ヶ月後をめどに発送したいと思います。

各島の詳細は写真の整理が出来次第、追ってレポートいたします。

島名7MHz3.5MHz合計
本島(JIA36-103)2011202
広島(JIA36-105)4545
女木島(JIA:36-102)31765382
男木島(JIA:36-101)25452306
屋島(JIA:36-127)3333
高島(JIA:37-106)3636
合計8861181004

瀬戸内海の島に行ってきます

コメント(0) | 執筆:2010年08月18日 水曜日 18:58 | 分類: アマチュア無線 | 編集

遅めの夏休みを利用して、瀬戸内の島巡りをしてきます。今回で3回目の島行きですが、今回は初めて家族連れです。子供達がいますので、前回のような無線運用100%旅行とは行かず...でも、下記の時間帯の内で短時間、ゲリラ的に出没して楽しむつもりです。聞こえていましたら、交信をよろしくお願いいたします。

周波数帯は7/3.5MHzが中心になると思います(SSBのみ)。また、悪天候やトラブルの場合、予定変更があるかも知れません。

日付島名市町村オンエアー時間
(下記の中で短時間)
8/21本島(JIA36-103)香川県丸亀市10:00〜17:00 / 20:00〜23:00
8/22〜24広島(JIA36-105)香川県丸亀市オンエアーはほとんどありません
8/25女木島(JIA:36-102)香川県高松市13:00〜17:00 / 20:00〜23:00
8/26男木島(JIA:36-101)香川県高松市13:00〜17:00 / 20:00〜23:00
8/27屋島(JIA:36-127)香川県高松市10:00頃か、12:00頃
高島(JIA:37-106)徳島県鳴門市13:00頃か、15:00頃

本島は、瀬戸大橋の途中にある与島の西側にある島で、島からは瀬戸大橋の眺望が見られます。漁師の島だそうで、宿泊予定の民宿では瀬戸内の海の幸がいただけるそうです。

女木島・男木島与島の東の先、高松港の沖合にあります。別名「鬼ヶ島」と呼ばれていて、島内には鬼ヶ島洞窟などの観光地があります。

また高松港の東には、屋島があります。地図で見ると島には見えませんが、川を挟んで四国と離れており、一応、島の扱いのようです。橋を渡って車で行くことが出来ます。

高島は、鳴門大橋の四国側、鳴門市にある島で、四国とは橋でつながっています。同じく架橋島である大毛島、島田島とも隣接しています。

奈良V/UHFコンテストに参加しました

コメント(0) | 執筆:2010年08月15日 日曜日 22:02 | 分類: アマチュア無線 | 編集

10年ぶりぐらいに、奈良V/UHFコンテストに参加しました。JARL奈良支部が主催でV/UHF帯のみの周波数ごとに時間帯が決められているコンテストですから、地元奈良の各局と交信出来る絶好のチャンスです。

8/14のコンテスト開始時間に合わせて、県内でもアマチュア無線人口が少なく、且つ大阪との県境で標高の高い三郷町に行き先を決め、アマチュア無線専用の車の整備を進めました(整備の詳細はまた後日...)。現地にはギリギリセーフで到着し、各周波数で交信を重ねましたが、どうも他の局が聞こえる局が私には聞こえないようです。標高は高いものの北部にはもっと高い生駒山があるので、その陰に当たる生駒市や大阪府北部方面との交信が出来ないようです。別の山で移動運用している局がドンドン交信を重ねていることを尻目に、私は空振りのCQ(各局呼び出し)が続きました。

翌8/15は反省して、東部の標高が高いサービスエリアを狙いましたが、寝坊してギリギリで家を出ると既に先着のアマチュア無線家あり。早い者勝ちのしきたりで同じ場所では出来ませんから、山を下りて平野部の東端に車を停めて参加しました。やはり標高が低い場所では前日と聞こえる局が変わらず、相変わらず空振りのCQが続きました。

ってな訳で、真剣に参加している方々の足元に及びもせず、ただただ、多くの奈良県内の局と交信すると言う目的は達成したと思います。

一応、結果報告です。

周波数点数
28MHz32*20*23=14720
50MHz29*19*24=13224
144MHz32*19*23=13984
430MHz33*18*26=15444

重複も含めて129回の交信、総勢67局のアマチュア無線家の皆様、ありがとうございました。

激安鉛蓄電池

コメント(0) | 執筆:2010年08月15日 日曜日 16:26 | 分類: アマチュア無線 | 編集

アマチュア無線の移動運用を行うとき、気になるのが電源です。自宅のようにコンセントを差し込めば電気が取れる・・・なんてことはあり得ないので、色々工夫が必要です。

車のエンジンが掛かっているときは、車のバッテリに接続すればいいのですが、エンジンを切ったまま無線の運用を行ったら、あっという間にバッテリが上がってエンジンが始動出来なくなってしまいます。そこで、長時間本格的に移動運用を行うときには発電機を使うのですが、騒音が発生するのでどこでも使える訳ではありません。で、一番簡単なのが自動車用の鉛蓄電池(バッテリ)を使う方法で、コレなら騒音が発生することもなくお気軽に運用が出来ます。容量が少ないのですが、少し大きめのものであれば、3時間ぐらい運用が出来ますので、私のように車でちょこっと移動運用を行うには、ちょうどいいんです。

ただ難点は、容量が大きいのは価格が高いことで、D23クラスだと2万円前後します。しかも、アマチュア無線に使うと鉛蓄電池的には使い方が荒くなるので、極端に寿命が短くなり1年もたないこともあります・・・。ってことで、今回Webで検索して発見、チャレンジしてみたのが韓国製の激安バッテリです。以前に、中古の再生バッテリにチャレンジした時は「売り言葉」に反して全く使いモンにならなかったのですが、その時より少し安いぐらいの価格帯です。クチコミで調べたところ、やや自然放電が大きいものの、普通に使えるようです。送料込みで7000円ほどですから、ホームセンター価格の1/3程度で試してみる価値はありそうです。(詳細はコチラ

80D23Lを購入して実際に少し使ってみたところ、評判通り、使わないときの自然放電は少し大きめと感じました。1週間放置したら、少し補充電が必要な感じです。で、内部抵抗がやや高いももの、容量は充分ありそうです。感覚的には、容量がD23Lクラスで最低ランクの性能(55D23L相当?)、または少し使って性能が若干劣化している感じの性能です。少なくとも、中古品よりは性能は相当高そうです。価格が1/3なので、私のように酷使する用途で、短期間に買い換えるような使い方には向いているバッテリかもしれません。お得感はありました。

最後に一つだけ難点。古いバッテリは送料を払って送れば引き取ってもらえますが、そうすると割安感が減ってしまいます。近所のホームセンターなども、よそで買った物は無料引き取りしてくれないでしょう。私は職場の産廃にコッソリ持ち込みますが・・・

矢場とんに行ってきました!

コメント(0) | 執筆:2010年08月14日 土曜日 17:15 | 分類: 雑言 | 編集

少し前になりましたが、急に名古屋の味噌カツが食べたくなって、矢場とんに行ってきました。妻がWebで検索して見つけた名古屋が本店のチェーン店ですが、結構有名なようです。

三重県の長島のアウトレットモール三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島のフードコート内に店舗があって、買い物好きの嫁にとっては願ったりかなったりの立地です。また、私の家からは結構近く、車で1時間以内で行くことが出来ます。

で、私が食べたのが「わらじとんかつ」なるカツが大きいヤツ。かなりお腹が一杯になりました。肉は少し煮込んだ感じで柔らかく、味が染みこんでおりました。味噌のこってり感が厳しい方は、ソースと半々になったタイプもあります。

フードコートなので、トンカツだけでなく別の店舗から選んで食べることも出来ます。ウナギ好きの一番上の娘は、ひつまぶしを初めて食べて大満足でした。真ん中の娘は、きしめんのお子様ランチ。ここはフードコートと言っても、レストラン風に席に案内され、食事もお店の方が届けてくれるのので、落ち着いて食べることが出来ます。なかなかいい夕食をとることが出来ました。次回は、きしめんを食べてみたいですね。

もちろん、食事後には買い物に繰り出し、私も前から欲しかった新しいG-ShockをGetしました。

移動運用

コメント(0) | 執筆:2010年08月14日 土曜日 11:48 | 分類: | 編集

自宅(法律用語で無線局の常置場所)を離れて、常置場所以外の場所からアマチュア無線を楽しむことを移動運用と言います。

メリット

デメリット

まぁメリットもデメリットもあるのですが、やっぱり多くの方と交信出来たり、自分で色々工夫してうまく行くと楽しいので、移動運用されている方が多いのだと思います。私も、先輩方に教えて貰いながら楽しんでおります。

開局間もない頃は、山頂に小型無線機を持って行って移動運用することにはまっておりました。友人と原付で出かけたり、リュックに詰めて徒歩で登山したり・・・。最近では、車に簡単な設備を積んでおいて県内の町村部から運用を行ったり、離島まで出掛けて運用を行うなど、運用形態は変わりましたが移動運用に復活しております。

必ずしも大きなアンテナである必要はなく、車にチョコンと立てたラジオのアンテナのようなモービルホイップでもそれなりに楽しめます。車に立てたアンテナからの運用ですから、町村部や峠などでは、車を合法的に停めるスペースさえあれば、無線が楽しめます。もちろんアンテナが小さい分、効率が悪く電波も弱いですが、手軽に運用出来るメリットには代え難い物があります。離島では、事前に役場を通して地元の自治会長さんに許可を頂いております。そうすれば快く、20mほどの長いワイヤーアンテナを張らせて頂き、全国に強力な電波を届けることが出来ます。

枚方マラソンコンテスト HF部門1位!

コメント(0) | 執筆:2010年08月11日 水曜日 07:36 | 分類: アマチュア無線 | 編集

先日のフィールドコンテストの時に、枚方マラソンコンテストの表彰式が行われました。

私が所属する枚方アマチュア無線クラブが、「JK3ZIK 15周年」を記念して行ったコンテストです。5/16〜30の15日間に、一般の方は通常の交信を行っていただき、クラブ員局と交信すると点数が高くなります。クラブ員局は数多くの一般の方と交信してその局数を競う内容です。詳細はコチラ

私は現役サラリーマンの「兼業」HAMですから、昼間はアマチュア無線が出来ません。でも所属するアマチュア無線クラブが初めて主催する全国規模のコンテストですから、張り切らない訳にはいけません。それで、あの手この手を使って毎日のように全国との交信を行って、延べ870の交信、総勢636局との交信が出来ました。もちろん、このペースでの交信は私の人生初めての事でした。

その頑張った甲斐あって、「メンバー局 HF部門 第1位」の栄光ある賞をいただきました。優勝を目指していた訳ではなかったのですが、いつもお世話になっている大先輩方を抑えてのまさかの第1位で、これほど嬉しいことはありません。2位の方とは100局ぐらい差をつけてダントツの1位のようですが、その間に行った延べ13回の移動運用のうち、2回少なかったら負けていた計算になります。実は紙一重でした。

うまく写真に撮れなかったのですが、ガラス製の立派な盾まで頂き、感激もひとしおです。無線機の上に乗せて、毎日眺めております。

期間中に交信していただいた全国の636人のアマチュア無線家の皆様、ありがとうございました。



<<- prev [ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 ] next ->>